headAD

2014年4月29日火曜日

HDDへの衝撃

HDDつまりハードディスクの話。
HDDは振動や衝撃に弱いということは、パソコン使っている人には常識ですよね。
持ち運ぶときにも優しく取り扱ったり、輸送するときにも気を使います。

では、使用中はどうでしょう。
机の上にノートPCを置いて使うときに、PCに加わる振動はあまり考えたことがありませんね。

数年前のPCから、加速度センサが内蔵されたHDDを使用するようになり、それによりHDD自身が加速度を検知するとヘッドを記録エリアから待機エリアに瞬時に移動して、記録エリアやヘッドの損傷を守るようになっています。

また、PCアプリによっては、それを画面で確認することができるようになっています。

私は東芝のダイナブックを使用していますが、衝撃が加わるとこのようなメッセージが出て知らせてくれます。

東芝HDDプロテクションの表示



最近、これが頻繁に出るようになりました。HDDの不具合かと思いしばらく観察してみました。

4月から私の周りで人の入れ替えがあり、私の前の方が机の引き出しを閉めるときのタイミングで発生することが判りました。
結構ガツンとやるんですね。その方が・・・
自分でも、勢い付けてやってみると、アハ(^^; 出ます。
意外な結果です。

原因が分かったので対策です。前の方の机と自分机がピッタリくっついていたので、これをほんの少し(数ミリ)離しておいたところ、まったく発生しなくなりました。

HDDは落下させるとヤバイと言うイメージから、上から下への衝撃に弱いと思い込んでいましたが、横方向の衝撃も結構受けていることを知りました。

衝撃を与えていないけれどHDDが壊れた方、あなたのまわりの人が原因かも・・・
くれぐれもご注意を。

原因と対策が出来てグッジョブ!な結果でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿