headAD

2021/01/11

Raspberry Pi をnut-Clientとして追加する

 増設したRsapberry Pi に UPSのnut-client として追加します。

停電時のバックアップ電源としてUPSを使い、Raspberry piでUPSの稼働状況をモニタリングしながらバッテリー残量が残り少なくなると、自動的にシャットダウンコマンドを発して安全に電源を落とすようにしています。
こちらの Raspberry Pi にNUTをセットアップする に記載しています。

 



今回、Pi を増設するにあたり、以前の設定内容変更と nut-Client を追加します。

[サーバー側の変更]

/etc/nut/upsd.conf の中に NUTサーバー自身のIPアドレスを LISTEN に追加記載します。(下のIPアドレスは一例)

LISTEN 127.0.0.1 3493
LISTEN 192.168.1.201 3493


/etc/nut/upsd.users のアカウントへ upsmon_remote を追加します。

[admin]
        password = admin123
        actions = SET
        instcmds = ALL
[upsmon_local]
        password  = local123
        upsmon master
[upsmon_remote]
password = local123 upsmon slave


/etc/nut/nut.conf のサーバーの動作 MODE を standalone から server へ変更します。

MODE = server



[増設したPi側]

次に増設したPi側にnut-Clientをインストールします。
nut-client 本体と付随するlibがインストールされます。インストール途中でエラーが出ますが設定ファイルが未設定のためです。そのまま次へ進みます。

sudo apt update
sudo apt install nut-client



/etc/nut/nut.conf の MODE を client にします。

MODE = client


/etc/nut/upsmon.conf の MONITOR を 下のように記述します。
IPアドレスはNUTサーバーのアドレス。local123はアカウントに記述したパスワード。

MONITOR cyberpower1@192.168.1.201 1 upsmon_remote local123 slave


Raspberry Pi を再起動して nut-client のステータスを確認し active ならokです。

service nut-client status
nut-monitor.service - Network UPS Tools -
  Active: active (running)


upscコマンドでサーバーとの通信テストにてUPSデータが確認できればokです。

upsc cyberpower1@192.168.1.201

Init SSL without certificate database
battery.charge: 100
battery.charge.low: 10
battery.charge.warning: 20
battery.mfr.date: CPS
battery.runtime: 8400
battery.runtime.low: 300
battery.type: PbAcid
battery.voltage: 13.7
battery.voltage.nominal: 12
device.mfr: CPS
device.model: CPJ500
=以下省略=

2021/01/04

オムロン体温計のアラーム音量を大きくする

オムロン体温計 MC-681 を昨年購入しました。



大きい画面で見やすく約20秒の予測検温ができます。

しかしながら、脇の下などに挿んでおよそ20秒過ぎてもアラームが聞こえてきません。
アラーム音が小さすぎて聞こえないのです。

機種によっては音量調節ができますが、このMC-681は調整が出来ません。
SNSでも「音量が小さい」「聞こえない」「音量調節方法は?」など散見されます。

 

そこで、内部の電子音を外に出るように穴を作る方法で解決しました。


電池ホルダーの少し下のラベルシールをゆっくり剥がします。


見えてきた、ビス2本を外します。




電池ホルダーのビスを外しフタを外します。
※電池は外さなくてもいいです。

さらに、2本のビスを外します。小さいので無くさないように注意しながらやってください。



電池フォルダー側と表示面側とを少し(5mm程度)ずらします。
※細い線でつながっているので5mm以上はずらさないこと




写真の位置に約1.5mmのドリルで穴をあけます。

開けるのは左側の小穴、右側は内部スピーカーの穴です。
※1mm~2.5mm位で手持ちのもので結構です。大きい穴ほど音漏れが良くて音量が大きくなりやすいです。
ただし、水が入りやすくなるので注意してください。



組み立ては、分解の逆順に組み立てればokです。

 

 

2020/09/07

Lenovo G570 Intel AC7260 WiFiボード換装

Lenovo G570は、Windows10update、WiFiボード換装、メインメモリ8GB、HDDをSSDへ換装などを経て、全くストレスフリーでPCライフには問題なく使っていました。
今回、訳あってLenovo G570へIntel AC7260を換装する記事です。




G570 のWiFiボードは2015年に Intel WiMax6250へ換装しています。
その記事はこちら⇒Lenovo G570 WiFiボードの換装

Bluetooth が必要になりUSB外付けのアダプターを取り付けると数少ないUSBのポートが減るので、今更ですが2015年当時にも検討した WiFi & Bluetooth モジュール Intel AC7260へ換装してみようと突然モチベーションが湧いてきました。

当時AC7260を断念した最大の理由は、Lenovo純正品でないと汎用品ではPC側が拒否してしまうのです。
G570はAC7260に対して純正扱いではなくPCのBIOSレベルで拒否するので、このホワイトリストを解除した改造BIOSを手に入れる必要がありました。当時はリスクを冒すよりも純正品WiFi6250換装の安全策を選んだ訳でした。


#### ここから先の作業は自己責任でおこなってください。
#### 万一セットアップに失敗しても、PCメーカーやボード取扱店では対応は出来ません。

 

さて、ここからが本題。今回はこのリスクを冒しAC7260を換装します。

使用したものはこちら↓

Intel DualBand Wireless AC7260
802.11ac、デュアルバンド、2x2 Wi-Fi + Bluetooth 4.0
リンクスピード867Mbps

.

.


色々な通販サイトやオークションサイトで見かけますので物色してください。
ただし、見た目同じでも N7260 のように'AC'が付かないものもあるので注意。
Nでも組み込みは出来てしまいますがリンクスピードは300Mbps(802.11a)です。


【ファイルのダウンロード】
ネットワークが使える状態で3個のファイルをダウンロードしておきます。

1.Lenovo G570 ホワイトリスト解除BIOS
     Lenovo_G570_G470_40CN33WW_V2.19_ADV_NWL.rar
2.Intel AC7260 WiFiドライバー
    インテルダウンロードPROSet72602ファミリドライバ
3.Intel AC7260 Bluetoothドライバー
     インテルダウンロードPROSet 7260ファミリBluetoothドライバ


【BIOSの書き換え】

まだ、ボードは交換しません。

ダウンロードしたファイルのうちLenovo_G570_G470_40CN33WW_V2.19_ADV_NWL.rarを7-zipやWinRARなどで解凍します。

できたフォルダの中に、ORIGINALとMODIFIEDのフォルダがあります。
先にORIGINALの40cn33ww_**.exeを起動し、Lenovo正規版の最新バージョン2.19にします。
(**は使用しているOSが32bitか64bitの違いにより選択します)

ACアダプタは装着してください。また、すでに2.19になっているなどメッセージに従ってください。(ECはそのままokで進む)
書き換え出来たら自動的に再起動します。

次にMODIFIEDフォルダのx32もしくはx64をOSにより選択し 'InsydeFlash***.exe' を起動します。(***はx32,x64により異なる)
書き換え出来たら自動的に再起動します。

正常にWindowsまで立ち上がることを確認し、一旦電源を切ります。


【AC7260 WiFiボードの取り付け】

取り付け前にひと手間かけます。
51ピン端子をマスクします。マスクしなくともWiFiは使えますが・・・後で少し詳しく書きます。
要は電気的に絶縁すればokです。ネットでも色々な方法が見れます。
・テープ類で51ピンを覆う
・ペイントする
・端子自体を削る
・端子につながるパターンをカットする

私はカプトンテープを3mmx2mmカットしてピンセットで電極を覆いました。隣の電極に被さらないように慎重に貼ります。





白黒2本のアンテナケーブルはAC7260のシールドカバーが出っ張っていて少し引き回しを変えて取付けます。(アンテナケーブルは鋭角に曲げないようにする)
ビス1本で固定します。中に落とさないように注意しましょう。




【ドライバーのセットアップ】

AC7260ボードを取付けて起動すると、私の環境(Windows10 20H2 19042.487)ではボードを認識してドライバーはセットアップされていました。

念のため事前の準備でダウロードしていた
WiFi(WiFi_21.10.1_PROSet64_Win10.exe)とBluetooth(BT_21.10.1_64_Win10.exe)の各ドライバーをセットアップします。

上手くセットアップできたかどうかはデバイスマネージャー((Win)+x,m)で確認します。



【ルーターとのリンク速度】

ルーターとの速度はやや変化しますが、5GHz 866.7Mbpsが出ています。





【その他】

51pinマスクの話
マスクせずに装着して起動したところ、電源入れて約15秒ほど真っ黒画面が続いてやっとWindowsが起動するスローな状態になり、Windowsが起動した後は操作上の違和感もなくWiFiも802.11acで接続出来ています。
Bluetoothもデバイスマネージャーでエラーはなくて、51ピンマスクなしで行けると思いましたが、起動時の15秒真っ黒画面は51ピンのBluetooth-USBに関係しています。

改造BIOSの話
今回ダウンロードした改造BIOSには、WiFiのホワイトリスト解除以外にオリジナルのBIOSでロックされていたメニュータブも見えるようになっています。


end.

2020/05/01

STAY HOME お家で気球#エア佐久2020

2020年の佐久大会は新型コロナの影響で中止となりました。
こんな中FBにて STAY HOME お家で気球しよう #エア佐久2020 が盛り上がっているので参加。





お家で少し楽しめるものを用意しました。
 Balloon Flight Support#エア佐久2020
https://www.hab.dynu.net/air_saku.html
 



#航空地図が開いたら画面下部のPlayボタンをクリックしてください。
#初期値は10秒間隔の間引きプロットで、PCならキーボードのA(間隔大)、S(間隔小)で可変可能です。
Sを2回押して1秒にするとリアルな時間経過で楽しめます。



高島さんフライトの航跡データを活用いたしました。
ご協力ありがとうございます。

.

2020/03/07

国土地理院地図のリニューアル

2020年3月5日に国土地理院地図がリニューアルされました。

ツールの作図機能をよく利用しているので見やすくなったのはいいが、嫌になったことがあります。

今回のリニューアルで地図上部のバーに「初期表示」のボタンが配置されて、作図している途中に地図スクロールをしていると、マウスで無意識にこのボタンを押してしまうので作図データが保存前に消えてしまうという誤操作を招いてしまいます。

今日は2回もやってしまって嫌になり、今日の作業は止めてしまいました。

国土地理院にも速攻で改善意見を送りました。





.end


2019/09/07

Windows10 1903 updateエラーの修正

Lenovo G570 Windows10 が今まで順調に更新プログラムを受け入れて update 出来ていたが、今年の7月11日の更新以降の update ではエラーを発するようになりました。
この時のOSビルドは Windows 10 1903 ビルド 18362.239 (2019-7-10版)です。




次の更新プログラムが案内されても、ことごとくエラーになります。
・ 2019-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4512941) サイズ: 262.5 MB

・ 2019-07 Cumulative Update for .NET Framework 3.5, 4.8 for Windows 10 Version 1903 for x64 (KB4506991) サイズ: 59.7 MB

システムファイルチェックをしても、「更新プログラムが壊れています」となって、更新プログラムをダウンロードしてインストールしてもダメでした。
他にも試しましたが、うまくいきません。


結局は、Windows10 を再インストールしました。
と言っても、現状の Windows10 の構成やインストールもほぼ残りますので、問題発生時にはこれを使う方が早い気がしました。(1~2時間はかかりますが)

Windows10の入手先のページの下の方にある「ツールを今すぐダウンロード 」を クリックして、MediaCreationToolをダウンロードします。
ダウンロードした MediaCreationTool を起動し「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックして進めます。

途中、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」のチェックを確認してインストールを続け、

かなり待ちますが、途中数回の再起動がかかり自動で進みます。

最終的に、新しい更新プログラムもいくつか適用されて、現時点の最新版となりました。

この時点のOSビルドは Windows 10 1903 ビルド 18362.329 (2019-8-31版)となりました。

.

2019/08/16

Node.js + Canvas でテキスト画像が文字化け




数年前から Node.js と Canvas の組み合わせで、テキストを png 画像化させていた。 
Raspberry pi2 を一年ほど前に Debian Stretch へバージョンアップした。


こんな環境で、最近になって全角文字が文字化け、いわゆる豆腐になっているのに気づきました。
Raspberry pi はリモートでつないでいて、ちゃんと日本語も使って編集もしているので、全く気づきませんでした。


update の問題かといろいろとコードを見たりして焦りましたが・・・・
いや、待てよ・・・

Stretch Light は日本語フォントが入ってなかった。(^^;

そこで、google のオープンソースの noto-fonts を入れてみました。
noto とは no more Tofu でフォントが割り当てられてないと□の表示となるので、よく豆腐と呼ばれ、すべての言語から□をなくすプロジェクトです。詳しくはWikiを見てください。

ということで、日本語部分cjk をインストール。
sudo apt-get install fonts-noto-cjk


特に、何をするでもなく、これで終わり。
時々は、直接モニタをつないでみるべきなんですね。


.end