headAD

2014年12月13日土曜日

東芝FlashAirを使ったアナログスイッチ基板の組み立て

 2014 Tokyo Maker Faireで手に入れたことは前回記事で書きました。


このアナログスイッチ基板を組み立ててみることにしました。
組み立てる前にパーツを確認すると、あららアナログスイッチICのTC74HC4066が2個のハズが1個はTC4066のようです。中身が違うぞーなんてことは言いません。
少し仕様が違うだけなのでそのまま使うことにしました。


 東芝FlashAir自体はこんな外部回路は不要で、FlashAirに電源さえ通電すれば、SDメモリ、WiFi、Web等の機能は動作します。

ここで実験したいのは外部からIOコントロールすることです。
上の写真では、FlashAirからレベル変換ICを経て、2個のアナログスイッチICから左のコネクタ[1]~[5]の端子につながっています。
FlashAirは5系統のIOをコントロールできます。

組み立てたもののスイッチしたいものが無いので、取りあえずLEDをつないでLチカかと思ったのですが、基板上に3.3Vと5Vの電源パイロットランプがあるじゃないですか。これって勿体ない使い方ですね。
3.3Vはそのまま残し、5V用を接続を変えて5系統の内[5]ポートをモニタできるようにしてみました。
回路図を見ると、アナログスイッチICの内部スイッチ3回路が空きになっていたのでこの1回路を使えば追加する部品は不要で配線変更だけで上手くいきそうです。

オリジナルの"じむ"さん作の回路図に赤ペンで書き入れました。


部品面のパターンを2箇所カットします。



裏面で追加の配線をします。






では、動作試験。


はい、上手くいきました。
さてさて、何をコントロールしようかなぁ~。



2014年11月24日月曜日

Maker Faire Tokyo2014に行ってきました

 Maker Faire Tokyo(MFT)前から行ってみたいと思っていて、休日だけどなかなかスケジュールが合わなかったんですね~。
今年は、スポッリ空いてしまいました。やっぱ行くしかないMFT2014。
よくブログで拝見している方たちの作品を、目の当たりにして刺激にすべきと思った次第です。
(11/25 写真や動画を追加しました。)

ラジオペンチさんのブログを参考に前日に事前調査したものの、見たいものがいっぱいありすぎて、この目論見は崩壊。全部見て廻る覚悟で事前調査終了。


いつもの見慣れた巨大な建物です。







最初に見ておきたかったのは、東芝のFlashAir。ソラちゃんも可愛いし、東芝だけど同人的な活動にファンになっています。
「GPIOできます~。今日だけ¥****」というのを聞いてすぐに基板と8GBFlashAirをgetしました。



これは、別の機会にご紹介します。
 こちらの記事に書きました。⇒FlashAirを使ったアナログスイッチ基板の組み立て



リレーだけで構成したコンピュータのデモや、オールトランジスタでのデジタルクロックなど足が止まりました。




3Dプリンタやプリンタで作成したものが多いなと感じました。






屋上では、九州工業大学のコンバート電気自動車の展示とデモ走行が見れました。









4ローターや5ローターのヘリは最近良く見かけますが、隣りでは徳島大学工学部が2ローターでの浮遊物をデモしていました。
これは、ロケットの形をしていますが、サンダーバード号らしいです。
垂直に上昇していくだけでなく、直立のまま姿勢制御して静止します。ゆくゆくは水平飛行に持っていきたいらしいです。





デモはもっと長く、高いところで静止していたのですが、撮り方が悪かったので短く編集・・・



他にも、いっぱいのデモをされていて、どの顔も誇らしげでした。



2014年11月16日日曜日

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(4)

11月3日最終日、競技は午前のみです。

今日は待機組となったので、フリーで会場へ行きました。
少し風があり、競技役員も風の具合を心配しています。この段階ではイエローフラグが掲示されていて「待て」の状態です。
IMG_1187

さて、いよいよグリーンフラグに変わりました。




会場から朝日に向かって一斉離陸です。
IMG_1189IMG_1190IMG_1191

午後に予定されていた、キークラブレース(公式競技ではない)は中止となりました。

このキークラブレースはなかなか面白く盛り上がるんですけれど、私も数回しか見たことがないくらいです。

この日の夜は参加出来なかったのですが、
夜のバルーンイリュージョンはフルバージョンで行われました。

また、火球が見えたそうです。(天使の石 tomomiさんのブログより)


これで2014年の佐賀インターナショナルバルーンフェスタは終わりました。

また、来年も行きますよ~。





佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(3)

11月1日午前はリーさんチームと気球
中国から参加です。
彼らから、記念に素敵なコースターを頂きました。
IMG_1167IMG_1225


午後の競技はキャンセルとなりました。

11月2日も天候が悪く午前・午後共に競技はありませんでした。

しかし、夜のバルーンイリュージョンはバーナーバージョンでの決行となり、球皮を膨らませない形でのイリュージョンです。

まだ開始の時刻までは早く、月は出ているのに風が強く球皮を膨らませるには安全上問題があるのでバーナーバージョンと言うことです。
IMG_1174

さあ、始まりました。
風の影響で残念ですが球皮が膨らませませんが、いっぱいのお客様です。
IMG_1176IMG_1177

我々は#121の原さんチーム気球
オフィシャルのPioneer号支援を行いました。みんなノリノリで手を振ったり踊ったりしていました。
後半では、後ろから花火の共演で盛り上げてくれました。

IMG_1178IMG_1181IMG_1183

球皮を膨らませることが出来ず、期待してお越しになった方々にはほんとに残念ですが、また次回を楽しみにしてくださいね。


佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(2)

10月31日午前は#22のタルノさんチーム
スペインからやってきたチームで、お若い二人でした。
IMG_1162 IMG_1163


午後は#63の須江さんチーム気球
須江さんは、私がオブザーバー研修時の先生ですから、緊張しました。
IMG_1164IMG_1165

確実な測定と各種の出来事の記録と見取り図などなど
競技結果を報告するデブリーファーとのヒアリングより、須江さんからOKサインもら時の方がドキドキでした。

今日も無事終わりました。


佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(1)

さあ、いよいよ初日です。

初日午前に就いたのは#39の稲生さんチーム気球
チェイスカーにはSBのお父さん犬の風格を持つワンちゃんが見守っています。
「早くしろよ~」「俺も行くぞ~」な感じです。

IMG_1143  IMG_1144

PILOTが風を読みコースをどうするか、入念に準備中。
その横では、応援の大学生がおしゃべり夢中です。
インフレが始まりました。

IMG_1148IMG_1151

離陸です。行ってらっしゃ~い。
IMG_1152

会場では、色とりどりの熱気球が飛び立っています。
IMG_1154IMG_1155

その後、チェイスカーに飛び乗って後を追います。
 ↑
この間は、私の仕事なので写真撮っているコマないので割愛。
 ↓
さて、ランディングです。予定していた場所と違い、川を挟んだ反対側の田んぼに着陸するという知らせで、急行しました。

球皮の中の空気を追い出し絞っていく作業が大変です。
あらら、女子大生の皆さんまだ残ってますよ~。
IMG_1157

競技内容報告するために本部へ戻ってくると、NBCラジオ佐賀局のSKPPYさんが訪れていました。
背負子の無線機が気になりました。

IMG_1158IMG_1159

午後は#12のネーメトさんのチーム気球
IMG_1160IMG_1161

今日一日、良いお天気で良かった。明日も良い日でありますように。


2014年11月15日土曜日

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ前日

今年もやってきました佐賀インターナショナルバルーンフェスタ。
今回は10/30~11/3までフルに参加させていただきました。

一番気になるのはお天気。
この一週間の前半は良いお天気で推移しますが、後半は崩れてくる予報で、2日は無理っぽい状況です。
まずは前日に佐賀入りするため、午後に東京から移動です。
羽田空港に着いてから、何か忘れ物があるようですが、航空チケット、GPS、電源、・・・
と必要なものを挙げても思い出せません。

搭乗案内で機内に乗り込みます。席に着いたとたんに・・・

あ゛ぁぁぁぁ~~ 
       ■ くつ、長ぐつ・・・  忘れたorz


会社からの直行だったので革靴しかない。
革靴ではどうしょうもない。
今日調達するしかない。
でも今は飛行機の中。あぁ大ピンチ!!。

今日中に佐賀で調達するしかないけれど、やっとの思いで探したホームセンター。
佐賀着が19:00、ホームセンターの閉店が20:00。
ホームセンターになかったらもうアウト!。

そう思いながら、ホームセンター最寄りで高速バスを途中下車・・・ホームセンターへ

■ 長ぐつがあったど~ 

なんとかGetすることが出来ました。

長ぐつを買うのに、こんなに気を揉んだことは後にも先にもないでしょう。

佐賀初日からこれじゃ先が思いやられます。


2014年10月22日水曜日

Garmin eTrex20/30 ファームウェアアップデートVer4.10



2014/10/15に海外版GAMIN eTrex20/30でファームウェアのアップデートVer4.10が発表されました。
Garmin eTrex20/30のupdateサイトはここ

Change History

Changes made from version 4.00 to 4.10:

  • Fixed possible issue where BirdsEye satellite imagery would be permanently disabled after booting

自己責任でupdateしてください。
updateの方法はこちらを参照してください。

2014年10月13日月曜日

2014鈴鹿バルーンフェスティバル

 熱気球ホンダグランプリが開催される地域で、唯一参加していなかった2014鈴鹿バルーンフェスティバルに参加しました。

 年間5つの地域(渡良瀬、佐久、鈴鹿、佐賀、とちぎ)で開催されるホンダグランプリ熱気球大会ですが、以前は9月後半に設定されていた開催日程が今年は10月の体育の日の連休にセットされたので、早々に参加の手を挙げ参加していなかった鈴鹿に、やっとスケジュールが合って参加することになりました。

 従来、鈴鹿大会は9月末開催で台風に邪魔されていたので、今年は10月に変更したにもかかわらず、今年も超大型台風(「超」ですよ)がじわりじわり寄ってきていて、とても開催が心配されました。

 まずは、前日にチェックインを済ませるために鈴鹿サーキット内のメディアセンターへ行くことに。
ここは、初めての鈴鹿でしかもサーキット内が良く判らないから迎えを頼むことに・・・。

あぁ~一時間過ぎても迎えが到着しない。前日から不安です。街が渋滞していてスタッフも大変のようです。
その後何とかチェックインし宿へ。明日はAM3:45起床です・・・。

当日、AM4:45ブリーフィングに間に合うように鈴鹿サーキットメディアセンターのブリーフィング会場へ。
ここでは、競技ミーティングにより天候状態、これから実施する競技タスクの公表、競技に際しての注意事項などが通知されます。
これが終わると、いよいよ初日スタートです。


こちらは午後のブリーフィング
(サーキットがモニタに映っているのは、なんかカッコいいですが別のイベントです)


 穏やかな天気で風の心配もなくスタートです。
ただ、運営側も後半は台風の影響で日程が短くなることを考慮したのか、午前中に5タスクとしっかりと詰め込んでのスタートでした。

初日の午前のタスクは一回のフライトで5つのタスクをこなすというものです。これはPILOTは勿論のこと地上のチェイサー(気球を追っかけサポートし回収する)チームも忙しいものとなりました。




グリーンフラッグに変わり、競技開始です
もうすでに立ち上げているチームもあります。
奥に世界チャンピョン藤田雄大選手操るやずやのバルーンが見えます。





準備できた気球から離陸しています。
手前の赤いのは新型気球?、いえ風船です。



こちらは、ゴールポイントの風景です。
道路左側の田んぼの中にゴールが設定されていて、気球からマーカーを落としています。




午後は、1タスクで1日終了。






 2日目の朝です。少し昨日より風が感じられて今日のフライトは厳しいかなと思われる気配です。
AM5:30ブリーフィングで、運営側から台風の影響を考慮すると午前午後ともにキャンセルし、表彰式にて大会をクローズするとの発表でした。

 あぁ~残念。一日だけの開催でした。
AM6:00過ぎの発表でした。あぁ~これからどうするの?




そして、何やら女子がプルプルしています。なにやってんの


エアーチェアーで筋トレパフォーマンスでした。





外から爆音がしてきました。メディアセンターからコースが丸見えです。おぉ~ポルシェだー





こんなん見たら、鈴鹿サーキットコースを走るしかない。前日から下見していたカートでコースを走るイベントがあるんです。これに期待しましょう。





 しかーし、残念ながらチケット完売。じゃぁ本物のカートで行くかと言うことで「アドバンスカート」に挑戦。
すみません。夢中で写真撮るのを忘れて、HPの写真を拝借しました。

 鈴鹿アドバンスカートはこちら



いゃー実に楽しかったです。


九州南部から徐々に四国方面に近づきつつある台風を避けて、午後から帰路に着きました。




遊園地に行ったようにも見えますが、ここはキッチリ熱気球です。

では次回、佐賀より。