headAD

ラベル PC の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル PC の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年10月23日月曜日

Windows10 Fall Creators Update CPU使用率が高い

2017年10月18日から、Windows 10 の4回目となる機能アップデートが、一般向けに提供され始めました。

今ではちょっと古いマシン(Lenovo G570)にWindows 10 を初期バージョンから入れて、ずっと調子よくて途中のupdateも難なくクリアしていました。

私も、今回のWindoes 10 Fall Creators Updateを済ませました。


エディション Windows 10 Home

バージョン  1709

OSビルド  16299.19



暫く使ってきましたが、なんかCPU排熱のファンがいつもよりも回転していて、その騒音で気が付きました。吹き出しの風も結構な温度です。
前から、こんなだったかな~と思い返しましたが、このupdateからのような気がします。



タスクマネージャーで確認すると、イベントログでCPUが忙しく動いていました。CPUの2割以上がこれに費やされていました。

taskm-1


次に、イベントビューアーを起動し、イベントログを確認してみます。

方法は色々ありますが、私が良く使うのは[Win]キーと[x]のショートカットです。

これは便利!。

ついでに言うと、[Windowsの設定]は[Win]+[i]です。上のタスクマネージャーも、このメニューにありますね。

win x


イベントビューアーを起動して、[管理イベントの要約]の窓を見て、イベントID 9009 IIS-APPHOSTSVCというソースが、70,089カウントも記録されていました。

イベント



上の項目をダブルクリックして、内容を見てみます。

apphostsvc

このエラーが大量にイベントログに残されていました。この元凶は[Application Host Helper Service] でエラーが発生と書いてあります。
 

CPUが一生懸命に、このエラーをログに書き込んでいたんですね。

では、このエラーをなくすには、どのように対策したらよいかを探したのですが、事例が見つかりません。

ただ、Application Host Helper Service はIIS関連のサービスです。
 

IISはWebサーバー構築するときに必要になりますが、私は特段使ってないです。
(Windows 10ではデフォルトでIISが有効となっていて、何かバックで動いているのかもしれません)

対策として、このサービスを止めて様子を見たいと思います。
 

[Win]+[x]で[コンピュータの管理]を起動し、下図のように[サービス]を開き、Application Host Helper Service を探し、右クリック→プロパティをクリックします。
 
サービスAppHostsvc



[手動]、[停止]を選択して[ok]してください。


apphost_pro


このようなエラーが、表示されますが[ok]します。



サービス停止エラー


続いて、PCを再起動します。

以上で、Application Host Helper Serviceは停止、異常なログもなくなり、ファンもほとんど動かなくなり、嘘のように止まってしまいました。 静かになりました。

このサービスを停止することで、影響があれば情報をupしていきます。



==補足=============


IISを無効にしみましたが、変化はなかったので元に戻しました。

とりあえず、忘れないように[無効]にする方法をメモっておきます。
IISを[コントロールパネル]→[プログラムと機能]からチェックを外し無効にします。


プログラムと機能





2015年10月4日日曜日

Windows10 デスクトップアイコンの大きさや位置がリセットされる

(10/6 22:43 記事を追加しました)
ESET サポート情報

=========
10/6 22:43 記事追加
ESETサポート情報が更新され、対処方法が示されました。⇒こちら
本現象は2015年9月29日17:10頃より配信が開始されました「駆除機能モジュール 1113(20150929)」により発生していました。

以下の記事は、すでに対処方法が示されたので不要です。

=========
10/4 22:30 記事追加
一連のレジストリー内容を修正しても、暫くするとレジストリの内容が元に書き換えられて戻ってしまい、現象が再発してしまう。

'TrustedInstaller' がFullの権限を持っているので、この書き込み権限を取り上げると、現象は発生しなくなった。
他に影響ないか暫く様子見ることにしました。

=========
  2015/9/30頃より、デスクトップのアイコンが「中」の大きさになったり、位置が勝手に画面の左端に整列するようになった。

どうやら、ウイルス対策ソフト 'ESET' が悪さしているらしく、Windows10 64bit との組み合わせで発生している様子。10/2現在、調査中であった。


 Windows10 64bit 環境をご利用の際に、以下の現象が発生することを確認しています。

    デスクトップのアイコンが自動で整列される
    デスクトップのアイコンのデザインやサイズが既定値に戻る


本現象の詳細は以下の通りです。
なお、原因・対応策については現在調査中です。
最新情報は随時本ページに公開予定です。


他を探してみると、レジストリの内容を変更することで対処することができる情報があった。
http://www.askvg.com/fix-desktop-icons-position-and-folder-view-settings-problem-in-windows-10/

 応急的にレジストリで対応する方法を試してみる。
重要:
レジストリを変更するため、自己責任でおこなってください。
修正箇所や内容が異なった場合は、PCの動作に悪影響を及ぼします。


操作の流れ
(1)レジストリエディタを使ってレジストリキー2か所の内容を確認
(2)修正するためにアクセス権を変更
(3)指定されたレジストリキーの内容を修正
(4)Windowsを再起動

(1)
レジストリエディタを起動し、次のキー内容を確認する。
HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{42aedc87-2188-41fd-b9a3-0c966feabec1}\InProcServer32

HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\{42aedc87-2188-41fd-b9a3-0c966feabec1}\InProcServer32
(2)
そのままではキーの内容は変更できないので、それぞれの'InProcServer32'キーのアクセス権を変更する。
'InProcServer32'フォルダを右クリック→アクセス許可

下にある[詳細設定]をクリック

所有者の右にある[変更]をクリック





[選択するオブジェクト名を入力]に 'Administrators' と入力後に[名前の確認]をクリックすると正しい名前に置き換わる。
確認して[OK]する。


ユーザー名欄の 'Administrators' を選択し、アクセス許可欄のフルコントロールの[許可]に☑チェックを入れて[OK]する。

(3)
'InProcServer32'フォルダが選択された状態で、その右側にレジストリキーとその内容が確認できる。
[(既定)]をクリックして、[値のデータ]を下の文字列に書き換えて[OK]する。

%SystemRoot%\system32\windows.storage.dll


※(1)に書いているが、変更するキー内容は2か所あり同じ内容。


(4)
windowsを再起動してすれば完了です。





.

2015年8月28日金曜日

Windows10 G570 Firefox のシステムフォントがにじむ

一か月ほど前にLenovo G570をWindows10へアップグレードした。
アップグレードの記事はこちら

全く使用には問題ないが、Firefoxを使う際にブックマークメニューを表示すると、なんか滲んだように見える。Webで見える部分はきれいに見えるものの、メニューがやっぱりぼやけている。自分の目がおかしいのか?。と少しストレスを感じてしまう。

LCDモニタの解像度やフォントの相性のようだ。
現状ではG570に搭載のIntel HD3000のWindows10 Driverは発行されていないので、何とか工夫しなくてはいけません。

次の2通りの方法で解決しました。どちらか片方でokです。
1.システムフォントを変更するアドオンをインストールする方法
 アドオンで例えば[Theme Font & Size Changer]を検索、インストールしてフォントを変更します。
私は、メイリオが好きなので設定しましたが、どうも英字名でないと正しく認識しない のか設定はうまくいくのですが、フォント名は規定のままです。
メイリオに近い、Meiryo UIは正しく認識してくれました。





2.グラフィクスの描画方法を変更する
 Firefoxの[オプション]→[詳細] を開いて、「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」の☑チェックを外す。


 ハードウェアアクセラレーション機能をOFFする方法にはabout:configをいじる方法などありますが、上記の方法が簡単だ。
 
左のメニューのフォントと右のWeb画像を比べてみてください。 
変更前


変更後

 あまり違いが判らないかもしれませんが、直接見てみると違いが判ります。


 

2015年8月12日水曜日

Lenovo G570 WiFiボードの換装

 windows10 がリリースされ、愛機のLenovo G570もwindows10になって、10日を過ぎたが、WiFiの接続が時々「制限付きアクセス」となって、インターネットにアクセスできなくなってしまう現象が出てきた。
Windows10アップグレードの記事はこちら

 win10へアップデートする前のwin7では何も問題がなかったのに。
情報を集めてみると、電波の強さ、省電力モード、ドライバーの問題など取り上げられていてどれもやってみたがコレというのがなかった。不通になれば再接続すれば使えるので暫くほっておいた。

 ネットで調べていくうちに、G570の内蔵WiFiボードを換装してリンクスピードの高速化
とWiFi+WiMaxへのアクセスが可能になることに興味をもった。
このボードに換装して以来、「制限付きアクセス」になることもなく現在は快適です。
..
 換装について、具体的には内蔵されているWiFiボードを「Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250(IBM Lenovo 純正)」と交換すればよい。
このボードはamazonなどで2400円程度で購入できる。(汎用もあるがLenovo用を求める)
 これだけで、リンクスピードが65Mbpsから150Mbps へupする。親機との帯域の設定を倍にすると300Mbpsにもなっている。実際には回線速度より速くなるわけではないが、ボトルネックが解消するということで気分もよくなる。

【作業】
 作業前に、マイクロドライバーとピンセットを用意してください。
 Lenovoをひっくり返して、写真の赤枠のビス5本を緩めます。落下防止されているのでビスはキャビからは外せません。
次に、オレンジの矢印の箇所から引っ張り上げると容易にフタが外せます。


 WiFiボードに白黒2本のアンテナケーブルが差し込まれているので、これを外します。
 その後、ビス1本を外します。ビスは中に落とさないように注意して外します。


 逆の順番で新しいボードを取り付け、アンテナケーブルを差し込みます。カチッという感触はありません。 

 ケーブルがはみ出していないことを確認して、フタを取り付けます。
 このようにして換装はあっという間に終わります。

 電源を入れるとWindowsがドライバを自動的にセットしてくれるので、何もせずにWiFiは使えるようになります。
[設定]→[デバイス]の[プリンタとスキャナ]の下方にある[デバイスマネージャー]で確認すると
[ネットワークアダプタ]の箇所に'Intel Centrino Advanced-N 6250 AGN'があって黄色の!マークがなければ問題なくインストールされています。

ただし、'WiMax 6250'のドライバーがインストールされていないために、その下方にある「その他」で!マークが出ています。


 WiMaxドライバーをintelのサイトからダウンロードします。
https://downloadcenter.intel.com/ja/search?keyword=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%C2%AE+Centrino%C2%AE+Advanced-N+%2b+WiMAX+6250

下の図は、windows8 64bit用です。なお、Windows10にもwin8用で使えます。
一番上の「Windows 8* 用インテル® PROSet/Wireless WiMAX 接続ユーティリティー」をクリックすると、次の画面で32bit/64bitどちらか選択できます。
ダウンロードして実行してください。


 WiMaxユーティリティがインストールされ、デバイスマネージャーで確認し、!マークが消えていればOKです。


接続ユーティリティでWiMaxをオンにすると起動しWiFiが切断されます。
下図はオンにして信号レベルをみると(非常に強い)ということで良好です。






2015年8月10日月曜日

Lenovo G570 Windows10 音が出ない

 Windows10 をwin7 からアップデートしたところ音が出ていないことに気付いた。

機種は Lenovo G570 Windows7 Home 64bit を、windows10がリリースされた7/29当日にアップデートした。これは前の記事を参照

うまくいったと思っていたら、しばらくして気付いた。音が出てないじゃん!!
次の方法で修正できました。

タスクバーにあるスピーカーのアイコンを右クリック→[再生デバイス]をクリックします。


 [スピーカー]を選択→[プロパティ]をクリック。
スピーカーのプロパティの[音の明瞭化]→[□すべての音の明瞭化設定を無効にする]に
☑マークを入れて[適用]→[OK]します。
右下の[>プレビュー]で音が出ることを確認します。



その後、低音ブーストやラウドネスイ コライゼーションなどの設定してもOKです。


2015年8月9日日曜日

Lenovo G570 それではアップグレードします

 2015-7-29にWindows10がリリースされた。
私も予約開始された直後に、すぐに無償アップグレードを予約した。
Lenovo G570 Windows7 64bit home 2011年度後半モデルでかなり格安品だったものの、途中メインメモリを8GBにしたくらいで、これまでトラブルなしですこぶる調子いいマシンだ。


さて、アップグレードだが巷では7/28 深夜にダウンロード可能になった方もいたようだ。

私は通知が来るのを待てなかったので、当日夜にWindows Updateを試してみると、あららダウンロードが始まった。
ダウンロードは19:50ころに開始した。

 リリース当日は混んでいるとは思っていたが、ダウンロードが完了したのは23:20頃で3時間30分ほどかかった。
使っている回線は光回線で普通に30~50MB/secは出ているので、結構混んでいたんだろう。

やっと、次のメッセージ出てきた。
モチロン同意しますよ~。

そのあと少し設定があるものの、 特別に準備しておくほどのことはなかった。

おぉ~、Windows10のデスクトップ画面が現れた。

 

スタートメニューから使えるし、Windows7からのupgradeでも問題なくすんなりいきました。

でも・・・
最初は気づかなかったけれど3点ほど問題点が出てきました。
次回以降、これを書いてみます。(2015-8-28 追加)

Windows10 G570 音が出ない
Windows10 G570 WiFiボード換装
Windows10 G570 Firefox のシステムフォントがにじむ


2014年3月22日土曜日

IObit製Advanced SystemCare Freeについて

IObit製のこの製品は、PCを診断しマルウェア、レジストリーエラー、不要ファイルの削除、デフラグなどなどオールインワンのシステムツールアプリのお試し版だ。

IObit社は新興ソフト会社で、所在地はカリフォルニア・サンフランシスコであるが、CEOはアジア系の名前だったので(中XX製は何してるか不安なので)少しためらったが、「いいね」も多く、Vectorや窓の杜で有料配布されているからインストしてみた。
その後、製品をアンインストールしても完全には削除せずシステムサービスに残し何かやらかしているらしいことが解った

これまた、なんチャラIMEと同じく情報収集しているのかと思い、すぐにアンインストールした。が・・・・
何か残っている。確かに残っている。そして、右下からIObit製品のCMがポップアップしてくる。
やられた!!!!!。

■ブラウザハイジャッカーみたいじゃん。 マルウェアチェッカーがマルウェアじゃん。

LiveUpdateが残っているらしい
http://www.ghacks.net/2013/11/03/remove-liveupdate-exe-computer/

また、広告出現のための残し物で、マルウェアとは違うらしい
http://milksizegene.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
ファイル削除したり、レジストリをいじったりで、余計な時間を使ってしまった。
確かに使っている人は多くいて、便利だと評価している人もいる。機能自体は良いと思う。
しかし、気分的に悪い。

■削除されるときには、必要としないわけで、潔くきれいに消されてくださいな。
■気分(印象)が悪いので、有料版にupdateしようという気になりません。

2014年2月14日金曜日

Windows Essentials 2012がインストールできない

 ブログでも始めたので、動画編集も必要かなと思い、元々Windows move maker 前のバージョンが入っていたので、2012を入れてみようと削除した。
欲を出したのがいけなかった。新しいものがあれば手を出すのは世の常であります。ハイ

いくら2012をインストールしても99%のところで、エラー: 0x80070002 が出てインストールができない。
検索してみると、結構いろいろあるようで、MSNのコミティにありました。

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windowslive/forum/moviemaker-wlinstall/windows-essentials/79d333f1-cbde-46f1-a292-c9b9283b3f9f


試してみたが、やっぱり同じ。諦めて暫くほっといた。
改めて、調べると"Niisanの波乱万丈記・・・"のブログにたどり着いた。

http://niisan.blog.shinobi.jp/Entry/131/

現象が全く同じだ。

私もメモリを増設し、領域が余ったので2GBもRAM drive化していた。しかも TMPとTEMPをRAMdriveにしていた。
これが原因とは、普通思わないんですが・・・。 Niisanさん、グッジョブでした。
早速、TMPとTEMPを元のデフォルト(%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp)に戻して、やってみると、ビンゴ!!
上手くいきました。

ありがとう、Niisan さん。



2014年2月9日日曜日

ウイルス対策ソフトのバージョンアップ

 私は、ウィルス対策ソフトとしてESET NOD 32 ANTIVIRSを使っています。
その前は、他社の製品を使っていたのですが、かなり重くて他のアプリを操作するにしても無視できないくらいに感じて、8年前にNOD32に切り替えました。それからの付き合いです。


ESET社の開発で、未知のマルウェアを検出する技術の実装は業界で先駆けて行われて、検出率と軽い動作には定評があり、私もそう感じます。
国内ではキャノンITソリューションズが代理店として取扱っています。

私も毎年更新して、今月更新手続きしたところ、引き去り完了メールにバージョンアップのメモが入っていたので、NOD32 ANTIVIRS Ver.6 から Ver.7へ更新しました。