headAD

2015年9月12日土曜日

Raspberry Pi2 Apache2.4設定(Jessie版)(1)

 Raspberry Pi2 を Wheezy から Jessie へアップデートしたところ、Webサービスがうまく開いてくれなくなりました。

403 Forbidden Error  となって、本来のページが出ません。
Jessie へアップデートの際に Apache2 もバージョンが2.2から2.4へ。
2.4ではアクセスコントロール設定の記述内容が変更されたようです。

詳細は2.2から2.4へのアップグレードのアクセスコントロールに書いてあります。
では、具体的にどこをどうすればよいか。
ここに、その設定ファイルが格納されています。
/etc/apache2/site-available/
デフォルトの設定ファイルは2.2では 'default' が、2.4では '000-default.conf' に変更されています。(拡張子が付いていないと認識してくれません)

2.2で使用していた設定ファイルの、'Order' と 'Allow' の2行を、'Require' の1行に書き換えればいいです。

'000-default.conf' は、不具合が生じたときの切り分け用にそのままにしておきます。
ちなみに、2.2のサンプルページは 'It Works!' の文字だけだったのが、2.4ではこのように表示されます。


今回、設定ファイルは新しく作りました。例えば 'example_com.conf' のようにドメイン名をファイル名にすれば解りやすいでしょう。
最終的には、以下のような内容にしました。
<VirtualHost *:80>
    # domain name
     ServerName example.com

    # admin mail address
    ServerAdmin support@example.com

     # document root pass
    DocumentRoot /httpd/html

     # controle directory
    <Directory /httpd/html/>
        # opsions
        Options FollowSymLinks
        # .htaccess control
        AllowOverride all
        # accese control
        Require all granted
    </Directory>

    # error log level
    LogLevel warn
    # error log
    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log

    # access log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

    # CGI include
    Include conf-available/serve-cgi-bin.conf

</VirtualHost>
特に、'# document root pass'、'# controle directory' は自分の環境に合わせて適宜書き換えてください。

'# CGI include' は、CGIプログラムを動かすときに必要です。
'000-default.conf' では#がついてコメントアウトされています。
CGI設定の部分については、次回で説明します。

Raspberry Pi2 Debian アップデート(Wheezy → Jessie)
Raspberry Pi2 Apache2.4設定(Jessie版)(2)


.

0 件のコメント:

コメントを投稿